トップページ > メンズエステ勧誘事情 > メンズエステでもし強引な勧誘にあったら?

メンズエステでもし強引な勧誘にあったら?

最近では少なくなってきている『強引な勧誘』ですが
ここでは『もしあなたが強引な勧誘にあってしまったら?』
と題して述べていきます。
まず強引な勧誘にあってしまって契約してしまっているのかまだ契約する前なのか?
それによって状況が異なってきます。
まだ契約にいたっていない場合にしつこくコースを勧誘されてしまった場合ですが
そういう場合には当然のことながらはっきり『今は契約する気は無い』ということを伝えましょう。
コツとしてはやんわりと断ることです。
相手も接客業なのでやんわり断っていくとそれ以上は何も言えません。
重要なのはあいまいな態度を取らずに意思表示をすることです。
『家に帰ってゆっくり考えたい』等と言うのもベターですね。
次にもし仮に契約してしまった場合ですが諦める必要はありません。
クーリングオフの制度というものがありますから契約後8日以内であれば消費者の自由意思で解約することができます。
それでももし解約手続きで揉めてしまった場合には『消費者センター』に連絡するのが得策です。それで問題がこじれることは稀でしょう。
以上のことが強引な勧誘にあってしまったら対処する方法ですが男性用サロンにおいてはそのようなケースは少ないと考えられます。
また最初からクーリングオフ制度の有無を明記していたり強引な勧誘が少ないと評判のサロンを選ぶことが事前に問題を無くしご自身が納得して通えるメンズエステを選ぶポイントにもなるでしょう。

強引な勧誘への3つの対処方法
やんわり"と断るのがコツ
契約後ならクーリングオフ制度を有効活用
問題解決には消費者センターを
最近では少なくなってきている『強引な勧誘』ですが ここでは『もしあなたが強引な勧誘にあってしまったら?』 と題して述べていきます。 まず強引な勧誘にあってしま